肺炎

前ブログ2013-04-30記事の転載です。
個人的な黒歴史(病気の部分ではない)記事なのですが・・・そのままで(*´Д`)

に、なりました
生まれて初めて結構大きい病気になりました(2歳の時に喘息になったらしいですが覚えていません)
今朝、タンに血が混じって、というか血だけが出てきたのでこれはヤバイのではと思い、行ってみたところ
やっぱり軽くありませんでした(´・ω・`)

前に「口から血を吐いた場合は軽くない」という事を聞いていたのですが
本当にそうですね・・・・

朝の9時から4時30分までずっと検査し続けてました・・・・w
血液、尿、タン、心電図、レントゲン、CT
どんだけ検査すんねんってぐらいしてました(´・ω・`)

まあその代わりまたもや本をだいぶ読めたんですがw

血痰(ケッタン、血の混じったタンのこと)が出たら肺がんの可能性もあるとネットに書いてあったので
もしかしたら余命半年と宣告されてもい覚悟を持って待っていましたが
流石に死ぬには至らなかったようです

でも、もし死ぬとなったら死ぬ前に・・・・・・
一度でいいからあの人と・・・キ・・・・・・むぁあああああああああああああああああああ